Close
GlassSandart twitter

About Me

SandPaintingArtist

ひと粒ひと粒の砂に想いを込めて、 糸を紡ぐように砂を積み重ねて作るグラスサンドアートに魅せられてどこまで描けるのか追求しています。

Prev Next

Let's play together!!

未知の世界体験しませんか?

私がみなさんと一緒に遊びたい、砂絵遊び「グラスサンドアート」とは、わざわざ砂浜や公園の砂場まで出かけなくても今その場で、わずかなスペースと遊び心さえあれば出来るのです。 きっと、夢中になります。 時間を忘れて遊んだ子供の頃のように…。
私は、芸術家ではありませんから芸術を教えるのではありません。 遊びの方法を教えます。 絵を描く方法をマスターして頂き、皆さんのセンスで、きっとすばらしい絵模様を描く事が出来る事と思います。
砂遊びは、透明なグラスかプラスティクの容器の内側で描かれていきます。これらの絵模様は、色の違う砂を積み重ねたり、先の尖った串で形を整えたりして描かれていきます。 それでは、この砂遊びをするのにどのような道具、材料などが必要なのか説明していきます。

GlassSandart 道具
【カラーサンド】 弊社のグラス・サンドアート用の基本セットは、11色(白・黒・赤・オレンジ・ピンク・黄・黄緑・緑・青・空色・茶・)と、容器の真ん中に入れる捨て砂「あんこ」の1色:合計12色です。特殊な接着剤を混入してあるため、作品の完成後固めることが出来ます。
GlassSandart 道具
【透明な容器】 この透明な容器の中で砂遊びをします。 ワイングラスやブランデーグラスなど飾棚、食器棚に飾ったり、 又観葉植物などを植えて飾れるような容器などあなたのアイデア次第で 無限に広がります。
GlassSandart 道具
【道 具】 絵模様を描くのにもっとも必要なのは道具です。 ☆スプーンは砂をすくって落としたり、大きな模様を作ったりします。また表面を平らにしたり、押さえたりします。☆「ブラシ(絵具用のふで)」 グラスの内側についた、不用な砂を落としたり砂の表面をなだ らかにしたりします。
GlassSandart 道具
【道 具】☆「竹串」 細かい形を造る時使います。(カモメの模様など) ☆「カラー・サンドを入れる為の容器」 何色ものカラー・サンドを入れる容器が必要です。お子様のおやつのプリンやアイスクリーム等の空き容器を利用するとよろしいでしょう。 ☆作業台 作品を作る時のグラスを乗せる台。

グラスサンドアート教室について

現在は「体験教室」のみ、沖縄のリゾートホテルを拠点に行っています。今後、『本格的に学んでみたい』との問い合わせが増えてきたため、東京、名古屋、大阪、福岡などでの『出張教室』の開催を考えています。10名をひとグループとして、グラスサンドアートの基本から応用まで数回に分けての教室です。詳細は グラスサンドアートスクール案内をご覧下さい。